Interview:AYAKA TANI(ドッグハウスPAWPAW 長野)

信頼関係が大切なトリマーだからこそ得られる最高の癒し・・・。

トリマーを志したきっかけは?

キレイにカットされているアメリカン・コッカー・スパニエルを2匹と毛玉だらけで酷い状態のシーズーを1匹飼っている方との出会いがきっかけです。お散歩中によく公園でお会いするコッカーだったんですが、いつも綺麗にトリミングがされていて、優雅で幸せそうに歩いているのを見て私も嬉しくなっていました。ですが、ある日、毛玉だらけで酷い状態のシーズーは捨てられてしまい、彷徨っているところを保護し飼い主様の所へ届けた時に「この子、いう事聞かなくて可愛くないからいらないのよね」と言われ私は怒りが込み上げました。言う事を聞かなくて可愛くないからトリミングもしない、そんな酷い話だったんです。この時に、犬の幸せな生活に携われる仕事がしたいと思い、犬の専門学校を目指しました。


学校はどこに通われましたか?

東京スクールオブビジネス専門学校です。専門ではドッグトレーナーコースを専攻していました。


スクールを選んだ基準(理由)はどこでしたか?

すべては犬の幸せのために・・・という言葉に自分が夢見ていた犬を幸せにしたいという思いに一番近い学校だと思い惹かれました。学校にいる犬達はのびのびと生活をしていて、みんな幸せそうな顔をしているんです!


トリマーになられて何年になりますか?

 4年になります。


大変だけど、この業界のここが1番魅力的だと感じる部分は?

大喜びで駆け寄って来てくれた時にやっていてよかったと思います。嫌なシャンプーをする人なのに、終われば甘えてくれて次会う時には尻尾ブンブン、ニコニコで駆け寄ってきてくれます。お家にお迎えに行ったときに吠えずに大喜びをしてくれて、知らない人が触ろうと近づいた時に、警戒をして私に助けを求めてきてくれた時は鼻高な気持ちになります!腹黒い感じですが・・・、これは信頼関係が大切なトリマーだからこそ得られる最高の癒しだと思っています。


最近、お仕事について1番考えること、感じることはどんな事ですか?

どんどん進化していくカットスタイルやケア用品など、最先端にアンテナを張るためにどのようなことをしていくべきなのか…ということです。SNSから情報を得たり、セミナーなどに参加して知識を得たりしていますがまだまだ勉強不足を痛感します。田舎にあるサロンですが、都会には劣らないように進化を追い続けなければならないと感じています。


仕事をしていて御客様または犬から学ばされた事はありますか?

「平常心」です。トリミング中少しでも感情が乱れると犬にはすぐに気付かれてしまいます。苦戦してイライラすると犬にもイライラが伝わり余計上手くできなくなる為どんな時も平常心。イライラしながらトリミングをしてしまったにも関わらず、飼い主様に優しくありがとうと言って頂くと、自分は酷いトリミングの時間を提供してしまったと反省をします。また、飼い主様からのお叱りの言葉をありがたく頂く・・・これも平常心や感謝の気持ちを忘れてしまうと受け止められなくなってしまいます。そのような事を学び、最近はイライラすることがなくなったと感じます。

トリミングをご利用される御客様にここを理解していただきたい、そんなポイントはありますか?

ライフスタイルに合ったカットスタイルや自宅でのケア方法など飼い主さまとより良いものを見つけていきたいと思っています。土地柄どうしても短いスタイルが好まれる為、足先までバリカンをかけていますがせっかくの綺麗な毛並を活かしていきたい気持ちもあります。このカットだとここが毛玉になってなかなか梳けない…やこの長さならケアがやり易い、といった細かいことでも気が付いたことはお話しいただき次のカットに活かしていきたいです。また冬は豪雪地帯なのでどうしても雪玉から毛玉になってしまいますが毛玉をそのままにせず、毛玉だけでも梳いて欲しい…との些細なこともどんどん頼って頂きたいと思っています。トリマーはサロンに来られたその日だけでなく、どんな時でもお力になりたいです。


トリマーとして技術以外で大切な事はなんだと思われますか?

コミュニケーション力です。技術はもちろん大切ですが、成長の源は何より人とのコミュニケーションだと思っています。飼い主さまだけでなく、近所の人や同僚、レジをしてくれたお姉さん等いつどんな時でもいろんな人から成長のヒントを頂いています。これはトリマーとしてではなく人として大切なことでもありますね。


華やかに見えるけど、この業界のここが大変だと1番感じる部分は?

手荒れと傷ですかね。毎日何頭も洗う為、手が荒れてあかぎれ、ひび割れは日常茶飯事。今では市販のハンドクリームも効かないくらいしぶとい荒れ方をしています。また、噛まれキズや引っ掻かれキズもたくさんあります。立派な歯と爪を持っているので、傷も深くなかなか跡が消えません。努力の勲章だ!と思い手荒れ、傷跡とお付き合いをしていますが、噛まれた日のお風呂は本当に沁みて涙が出ます。

店舗のアピールポイントをお聞かせください。

自然豊かな長野県小谷村にあるリゾートホテルに隣接しているドッグホテル&サロンです。ドッグハウスPAWPAWは「Comfort&Happiness」をコンセプトに愛犬も飼い主様も快適に楽しく過ごせるリゾートを目指しております。「わんちゃんにも楽しい旅をしてもらいたい。」という気持ちで環境づくりをし、日中はケージの中でお預かりではなく、他のわんちゃんやスタッフと遊びのびのびと、夜はわんちゃんがゆっくり休めるようにケージも広めに作られております。また、周辺には散歩コースがあり飼い主様とわんちゃんが一緒に四季折々の大自然を楽しんで頂けます。そして、トリミングにハーブパックやアロマ温浴などのサービスもございます。ぜひ遊びに来てください。


Shop Info

ドッグハウス PAWPAW

長野県北安曇郡小谷村千国乙12860-1

TEL 0261-82-2236

OPEN 夏季9:00~18:00 冬季8:00~17:00

Closed ホテル休館日に伴う定休

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-が運営する、ドッグファッショニスタスナップや、キーパーソンインタビュー、最新のトリミングスタイルなどを中心にお届けする新情報発信site