Interview:MIKI YAMADA(Apple Audrey 愛知)

世の中のペット、そこに関わる人々の笑顔のために、Apple Audrey が存在出来たら素晴らしい。

トリミングサロン開業を志した、きっかけを教えてください。

ドッグショーに参加するようになり、一般的なサロンの行っているカットやシャンプーだけのお店ではなく、トレーニングの方法や食事のアドバイスもしてくれるトータルビューティーサロンのようなところを探していたのですが、私の知る範囲では理想のサロンが無く、ないなら自分でやってしまおう!というのがきっかけです。


内面からの美しさをサポートするトータルビューティーサロン。まさに、Apple Audreyさんのコンセプトですね。サロン経営のここが大変だと一番感じる部分はなんですか?

オーナー様の理想どおりのスタイルにどれだけ近付くことができるか、という事と、お客様にどれだけくつろげる空間を提供できるか、ということでしょうか。ストレスがかからないだけでなく、リラックスできてまた来たくなるような場所にするために、日々努力しております。


サロン経営の最大の魅力はなんですか?

オーナー様の理想どおりのスタイルにどれだけ近付くことができるか、というのと、お客様にとってどれだけくつろげる空間創りができるかに挑んでいきたいので、自分が愛犬を預けても満足できるかをお客様の気持ちになってサービスの提供をする。これを忙しくても忘れないようにすることですね。

理想的なお店を追求し実現させる事で、よりお客様の満足を身近に感じることが出来るという事は、経営者としてこの上ない喜びではないでしょうか。最近、経営について一番考えること、感じることはどんな事ですか?

自分の理想的なお店が作れる所です。お客様のために、何が一番良いのかを考えてトリミングを行ったり、お客様が楽しんでお店で過ごしてもらうアイデアを自分の意思で実行できるので、お迎えにいらしたオーナー様の反応や笑顔を感じられるところは、とても素晴らしいと思います。


経営前に一番学んだことはなんですか?

ドッグショーにずっと出ていたので、骨格から毛質まで、いかに環境やストレスを抱えない事が大事かということです。傷んだ毛先も正しくお手入れすれば美しく生まれ変わることができるのです。ドッグショーでは被毛の維持が一番大変でした。美しい被毛を維持する為には、食事からお散歩、自宅での過ごし方など全ての環境を見直すことから始めなければならないので、お悩みを改善したいオーナー様にはトータルで説明することができるので、とても役立っています。

ドッグショーへも出陳しており、チャンピオンの看板犬がお出迎え。ショーについてのご質問もスタッフがお答えします。スタンダードスタイルを目指している方も多数ご来店。


スタッフ採用で一番大切にしていることはなんですか?

コミュニケーションが上手かどうか、向上心があるかどうか、色んなことに興味があるかどうか、たくさんありますが、一番は笑顔が素敵かどうか。これに尽きますね!


笑顔でお客様をお出迎えする。単純な事ではありますが、やはり一番のポイントですよね。スタッフ教育で一番大切にしていることはなんですか?

人とのコミュニケーションの難しさを教えることです。スタッフ時代は気付かなかったことも、オーナー側になってようやく気付いたりするので、スタッフだった頃を思い出して、自分を反省しながらスタッフには説明するように気を付けています。コミュニケーションが円滑であれば信頼関係が成り立つと思っています。


お客様との信頼関係を良好なものへと進化させる為には、やはりコミュニケーションが第一ということですね。山田さんは、これまでどんな犬種を迎え入れましたか?

一番最初は雑種でした。4歳の頃に子犬を知人からプレゼントしてもらい、それから16年生活を共にしていました。先代の犬が亡くなる一年程前にヨークシャーテリアを飼い、現在も健在です。今は、お店の看板犬のプードルが二匹います。二匹ともドッグショーで活躍している愛犬です。好きな犬種は選びがたいですが、強いて言うならプードルでしょうか。飼いたい犬種なら大型犬を飼ってみたいです。グレートデーンのような大きな子と一緒に寝るのも楽しそうですね。


ペット業界以外で、興味のあるビジネスはありますか?

ペット業界以外となると少し難しいかもしれませんね。他の業種の方たちとお話もしますが、どこの業種でもペット関係で何かつながることは無いか考えてしまいます。今は一番福祉事業に興味がありますが、ペットが関連していることは否めません。


今後ショップ経営をスタートしたいと考える方に伝えたいメッセージをお聞かせください。

ショップ経営は最初が肝心です。ちゃんとした目標を立ててそれに向かって信じて進んでいくことが大切だと思います。経営者が一番モチベーションを維持していかなければいけないので大変ですが、やり甲斐は一入だと思います。私は独立して良かったと思っています。自分の力でお客様を笑顔にすることができる、素晴らしいことだと思いますので、是非頑張ってください。


今後トリマーになりたいと考えている方に伝えたいメッセージをお聞かせください。

華やかさばかりを見ずに、自分の遣り甲斐を目指すことが一人前のトリマーになる秘訣だと思います。技術だけでは良いトリマーにはなれません。関わり合う全てのことをトータルで考えて、お客様のことはもちろん、オーナー様のこともサポートしてあげることができるトリマーを目指してほしいと思います。

Apple Audreyさんのコンセプトを教えてください。

ゆったりとくつろげる空間を追求し、お客様はもちろん、オーナー様にも喜んでいただけるような場所を目指しています。一般的なトリミングサロンのように洗ってカットをするといったサービスだけではなく、犬の種類や状態に合わせた、毛質改善やストレス緩和といったインプルービングをメインに、健康的で気品ある姿を取り戻し、維持していく為に、より良いペットライフのお手伝いができればと思っています。スタッフはドッグショーを経験し学んだスペシャリストですから、ここに来たら悩みが解決できると思っていただける様なお店になるよう、スタッフ一同日々努力しています。世の中のペット、そこに関わる人々の笑顔の為に、Apple Audrey が存在出来たら素晴らしいと思います。


Shop Info

ROYAL PET HOUSE Apple Audrey

愛知県名古屋市昭和区阿由知通1-20-16

TEL 052-880-7399 OPEN 10:00~20:00

Closed 毎週水曜日・第二第四木曜日 

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-が運営する、ドッグファッショニスタスナップや、キーパーソンインタビュー、最新のトリミングスタイルなどを中心にお届けする新情報発信site