Interview:HARUKI YOSHIDA(King Paw’s 神奈川)

自分のセンスや技術がダイレクトに形になる。精一杯可愛くカットしてお客様が感動して喜んでもらえた時の達成感と喜びが魅力。

神奈川県小田原市のトリミングサロン「キングパウズ」オーナーの吉田さん。トリミングという専門的な知識を身に付ける為に学校などは通われましたか?

地元(神奈川県秦野市)にあったペットショップが運営していたトリミングスクールで学びました。


こちらの学校を選ばれた理由はございますか?

学費が安かった(東京の専門学校に比べて)のと、座学がほとんどなく、常に犬や猫と接することができるところが魅力的でこの学校を選びました。


トリマーを志したきっかけは?

動物に関わる仕事に就きたいと思っていましたが、とくにトリマーになりたいと思っていたわけではなかったです。酪農家やイルカの調教師を夢見ていましたが現実は厳しく途方に暮れていたとき、トリマーという職業を見つけました。元々小さいころから細かい作業や絵を描くことが好きだったので自分に合いそうな気がしてトリマーになろうと決めました。


大変だけど、この業界のここが1番魅力的だと感じる部分は?

ワンちゃんの仕上がりがものを言いますから、私が精一杯可愛くカットしてお客様が感動して喜んでもらえた時の達成感と喜びが魅力だと思います。


逆に、華やかに見えるけど、この業界のここが大変だと1番感じる部分は?

やはり技術職ですから、自分のセンスや技術がダイレクトに形になってしまう所ではないでしょうか。トリマーによって本当に仕上がりは左右しますから、ワンちゃんはもちろん飼い主であるお客様も世界に1人しかいないわけですからワンちゃんやお客様が喜んでくれる1番のカットをするのがとても大変だと思います。


最近、お仕事について1番考えること、感じることはどんな事ですか?

男性のトリマーが増えました。私がトリマーになりたての頃はとても珍しがられました。そして、よくお客様から言われた「男性の方以外で・・・」ということも、最近はめっきり聞かなくなりましたし、むしろ今は私1人でこなしてるので、それでも来ていただいているお客様にはとても感謝しています。


仕事をしていて御客様または犬から学ばされた事はありますか?

お客様はブログや口コミで来ていただく事が多いんです。そのため、顔つきや骨格が全く違くても「あの子のようにしてほしい」と言われたりすると、少しでも近づけてあげようと必死で常にお客様から試練を頂いてるようで勉強になります。


トリミングをご利用される御客様にここを理解していただきたい、そんなポイントはありますか?

トリミングは、日々のお手入れの延長だと私は思っています。よく、愛犬のトリミングを『イベント』のように家族総出でご来店いただいたりするんですけど、可愛い愛犬が可愛くなる日ですから、それも当然だと思います。ですが、トリミングは特別な日ではなくて日常のお手入れなんだと思っていただきたいです。人間のように毎日キレイにできないからこそ、できるだけこまめにトリミングに出してあげる習慣をつけてあげてほしいと思います。


できるだけワンちゃんに負担にならないように『手早く・可愛く』を常に意識しながらカットしています。

吉田さんの得意なカット、または得意な作業はなんですか?

プードルのカットは全般的に得意です。得意というかプードルをカットしているときが一番楽しいです。ハサミ一つで色々なプードルのデザインを作るのが好きです。


トリマーとして技術以外で大切な事はなんだと思われますか?

ワンちゃんに対する愛情かな。もちろんお客様に対しても同じですが。ワンちゃんってトリマーの気持ちをすごくダイレクトに感じるので愛情を注がないとワンちゃんもトリマーを好きになってくれないと思います。


吉田さんは、これまでどんな犬種を飼いましたか?

今までは、シェルティーのミックス犬を2頭とミニチュアダックスを1頭飼っていました。好きな犬種はプードルが大好きなので看板犬も兼ねてプードルを飼いたいと思っています。


仕事が休みの日はどんなことをしていますか?

ジムで体を動かしたり、ショッピングをしていることが多いです。ジムで走ってると仕事の事を色々考えられるので時々カットのヒントが生まれたりします


もし、トリマーになっていなかったらどんな仕事をしていたと思いますか?


トリマー以外ならフラワーアレンジメントか、洋服のデザインをする人ですかね。どちらにせよ、感性が研ぎ澄まされる仕事が向いてるんでしょうか。


ご自身のアピールポイントをお聞かせください。

外見はゴツくてとてもトリマーには見えないと思いますが、こう見えて昔から手先が器用でしたし、お客様からは物腰が柔らかくて話しやすいと言われます。私自身、戌年ということもあり人懐こい性格だと思っていますので、気軽になんでも話してください。

店舗のアピールポイントをお聞かせください。

ガラス張りのトリミングルームが通り沿いにあるわかりやすいお店です。小さなフリースペースもありコーヒーを飲みながらトリミング風景を見ることも可能ですのでお気軽に足を運んで頂ければと思います。


これからの夢、目指している事はなんですか?

これからは、もっとより多くのお客様に愛犬の可愛さを知ってもらいたく、店舗を拡大していければと思っています。そして愛犬にとっていいものをより多くのお客様に提供していければと思っています。


Salon Info

King Paw’s

神奈川県小田原市栄町2-15-27

TEL 080-9692-1136 OPEN 10:00~19:00

Closed 毎週木曜日(祝日は営業)

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-が運営する、ドッグファッショニスタスナップや、キーパーソンインタビュー、最新のトリミングスタイルなどを中心にお届けする新情報発信site