Interview:Masumi Komukai(Pet Station Humming 宮城)

犬が最も幸せになれる方法をきちんと説明し飼い主様に理解して頂くことがトリマーの重要な役目の一つ

宮城県のトリミングサロン「ペットステーション ハミング」ゼネラルマネージャーの小向さん。トリマーを志したきっかけは?

幼いころからとにかく犬が大好きでした。自分の家で犬が飼えるようになるまではだいぶ時間がかかり念願叶ったのは小学校の高学年になってからでした。初めて飼えるようになったときは本当に嬉しくて一生懸命面倒を見ました。犬を飼育するための本を図書館で借りて何度も読んだり、雨の日も雪の日も毎日朝夕散歩に行きました。その為、近所でちょっとした評判にもなりました。その大好きな犬に携わる仕事がしたい!それってどんな仕事があるんだろう?と考えていた時にトリマーという職種を知り、私にはこれしかない!!と思い専門学校入学を決めました。


学校はどこに行かれましたか?

日本動物専門学院です。


スクールを選んだ基準はどこでしたか?

学院理事長・先生方・生徒たち全員がとっても仲良く、雰囲気が明るく楽しそうな環境だった事とトリミング実技の授業時間が非常に多かったこと。そして直感です!また、ペットトリミングだけではなく、プードルのショークリップを学ぶこともできました。校外実習で動物病院へのインターンシップやドッグショー見学もあり充実した学生生活を送ることができました。


トリマーになるためにされた事などありますか?

学生時代は今とはまた違った意味でトリミングすることがとにかく楽しくて、先生方のカット、はさみの使い方、犬の保定の仕方、先輩・友達のトリミングの仕方など身近にいる色々な人のやり方を見るよう意識的に取り組んだり、犬体の絵を書いたり、写真を撮ったりしていました。休みの日はドッグショーに行き、参加したり会場でプロの話を聞いたりトリマーとして上達するために毎日時間をついやしていたと思います。


大変だけど、この業界のここが1番魅力的だと感じる部分は?

日本も犬と人との関係性が年々進化しいます。飼い主様のマナー向上意欲と適切な飼育管理意識が社会を変えているのだと思います。以前に比べ、犬の「衣・食・住」も大きく進歩し、今では人間社会にあるものが、犬の社会にもほぼ同様に取り揃えられており、犬たちにとってより快適な生活環境が整えられてきています。あと残るは義務教育位でしょうか(笑)。その素晴らしい進化をトリマーとしての立場から携わることができ、またそれを地域の皆様へ発信し、根づかせ、犬たちの幸せへとつなげていけることが最も魅力的な事だと感じます。


華やかに見えるけど、この業界のここが大変だと1番感じる部分は?

体力と忍耐のいる仕事です。犬の全身をトリミングするのには一頭数時間かかります。その数時間の間にトリマーは瞬時に色々な状況判断をしています。犬はこちらの思うようにじっとしているわけではありません。ハサミなどのトリミング器具も刃物類が多くそこへも細心の注意を払います。カットも数ミリ単位で調整をかけるので集中力を一日中キープしなければなりません。時間の大幅なズレも許されません。また、犬は言葉を話せません、飼い主様の要望と犬それぞれの状態を判断し、更にこちらの思いをうまく折り合いをつけながら話し合いを行わなければなりません。トリマーは一頭一頭へフルパワーで向き合っているので体力と集中力のキープは大切で大変な部分だと思います。


最近、お仕事について1番考えること、感じることはどんな事ですか?

以前に比べると犬の飼われ方は断然によくなっているように思いますが、残念ながらまだ一部分では適切に扱われていない面も見受けることがあります。プロとしてしっかりとした意思をもって接客することが犬の幸せにつながるので、犬が最も幸せになれる方法をきちんと説明し飼い主様に理解して頂くことがトリマーの重要な役目の一つだと感じます。

仕事をしていて御客様または犬から学ばされた事はありますか?

お客様からいただく心のこもった「感謝」の言葉は私たちにとって、とても深く何よりもありがたく、そして学ばされるものでもあります。その言葉の裏ではきっと犬が幸せになっているのだと思います。トリミングをすることだけがトリマーではない、トリマーという仕事はお客様とわんちゃんにとってとても重要な存在であることを日々考えさせられます。


トリミングをご利用される御客様にここを理解していただきたい、そんなポイントはありますか?

ご自宅でのお手入れは本当に大切な事だと感じます。ですが、正しいお手入れ方法(器具の使い方や力加減)で行ってあげないとわんちゃん達はお手入れが嫌いになってしまいます。そんな状態になってしまった子たちはトリミングにかなりのストレスを感じています。トリミングは飼い主様が想像する以上に難しく、非常に繊細な作業で時間と手間がかかるものです。短時間で終わらせればストレスがかからないという簡単な事でもありません。当店では犬の状態・性格などを見極めその子にあったスピードを見つけ、あえてゆっくりじっくりと時間をかける場合もあります。とくに初めてご来店される子たちにはお店の雰囲気に慣れ、トリミングされることは気持ちいいことだとわかってもらえるようより深いコミュニケーションを図ります。ご自宅での飼い主様の正しいお手入れとコミュニケーション、そしてトリマーが行うプロの技術。これらが上手く交わることで犬たちがより幸せに快適に暮らしていけるのだと思います。


トリマーとして技術以外で大切な事はなんだと思われますか?

各犬種が持っている本来の特徴と性質をよく理解したうえで、その子がどんな性格で、どのような生活環境であるのかを飼い主様よりお伺いし、それを踏まえ、犬とのコミュニケーションを十分に取り信頼関係を築きあげていくことがトリミング技術以上に大切だと思います。さらにそれがお客様とより良い関係を作ることができると思います。


これまでどんな犬種を迎え入れましたか?

ポメラニアン・トイプードル・スタンダードプードル・アメリカンコッカースパニエル・フレンチブルドッグ・マルチーズ・ミニチュアダックス・ヨークシャーテリアです。最近はチワワにどっぷりはまっています。


ご自身のアピールポイントをお聞かせください。

ショップ勤務する前は動物の専門学校に勤め学生さんたちへの技術指導を十数年していました。その経験から現在もトリミング試験や競技会の審査員をやらせて頂く機会があります。そこで沢山の刺激を受けそれが自分自身の成長へも繋がっているように思います。また、県外のショップへ出向きプロトリマーの育成にも力を入れております。今後は今までの自分の経験を活かしトリマーさん達や飼い主様そしてわんちゃん達の役にたてるような事にもっと力を注いでいきたいと考えています。つい最近の出来事ですが、素晴らしいご縁があり同じ考えを持つ素敵なプロの方々と出会うことができました。その皆様と色々な情報を共有・発信し業界活性化に取り組んでいきたいと思っています。


店舗のアピールポイントをお聞かせください。

時代の流れと共にシニア犬も増えてきていますが、シニア犬のトリミングをお断りするお店がまだまだ多いように思います。確かにシニア犬のトリミングはとてもリスクが多く大変ではありますが、シニア犬を受け入れるお店が少なくお困りの飼い主様の声もよく耳にします。当店ではそのようなお客様のご要望にできる限りお応え出来る様心がけています。わんちゃんが快適なシニア生活を送れるようできる限りのお手伝いをさせていただいております。


これからの夢、目指している事はなんですか?

わんちゃん達にも生涯があり、人間よりも寿命が短いです。わんちゃん達が生れて来て本当に良かった!あなたが私の飼い主で本当に良かった!幸せな一生を送って貰う為に、私たちはトータル的にアドバイスさせていただきます。これからも飼い主様とわんちゃん達の、人生・犬生が幸せでありますよう、心から願っております。


Shop Info

Pet Station Humming

宮城県宮城郡利府町沢乙東1-25

TEL 022-767-8309 OPEN 10:30~19:00

Closed 水曜日

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-が運営する、ドッグファッショニスタスナップや、キーパーソンインタビュー、最新のトリミングスタイルなどを中心にお届けする新情報発信site