Interview:MOMOKO YAMAMOTO (トリミングハウス・MOMO 石川)

私のトリミングで、愛犬をより一層可愛いと思ってくれる飼い主さんがたくさん増えてくれることが一番の幸せ。

トリマーを志したきっかけは?

昔からわんちゃんが大好きでした。愛犬や知り合いのわんちゃんと一緒の時間を過ごしていると、心がほっと落ち着きました。そして、わんちゃんと接していくうちに言葉が分からないわんちゃんたちの気持ちをもっと知っていくにはどうしたらいいか考えるようになりました。そんな様子を見て母が「ももちゃん(私)はわんちゃんの気持ちがよく分かるみたい。わんちゃんも、ももちゃんのことが好きだしわんちゃんと一緒にすごせる仕事がいいかも」と言いました。その言葉に自分の中でうっすらと考えていたトリマーという仕事が確信に変わっていくのを感じました。それが、私がトリマーになりたいと思ったきっかけです。


華やかに見えるけど、この業界のここが一番大変だと感じる部分はありますか?

自分のお店を持つという夢の為に他のサロンさんで修行されるトリマーさんがたくさんおられると思います。私もその一人でした。そして、私にとってトリマーとしての下積み時代というのはとても大変なものでした。美容師さんの業界もそうだと思うのですが、最初の一年は、雑用やわんちゃんのシャンプーばかりで、カットなどはできませんでした。それでも本当にたくさんの事をわんちゃんや先輩方たちから学ばせていただきました。お店を持った今、その事が、自分の中でちゃんと活きていると思います。


大変だけど、この業界のここが一番魅力的だと感じる部分はありますか?

トリミングに初めて来るわんちゃんで、初めての場所や人に少しおびえて、シャンプーやブローなどまだ慣れていなくて暴れてしまう子がいます。ですが、その度に大丈夫だよと声をかけてその子に合わせて優しく接していくことで、誠意がわんちゃんにも伝わって、トリミングに来る回数が重なるにつれ、私の存在を認めてくれて、トリミングが大好きになってくれる・・・そんなわんちゃんの様子が見られることが私にとってはこの上なく幸せなことです。

最近、お仕事について一番考えること、感じることはどんな事ですか?

日々考えていることは、どうしたら自分やお店をもっと向上していけるのかということです。それを考えていくことで、いろんなアイディアが浮かんでくるので、その中で自分ができることはなんでもチャレンジしてみます。その他にも、知り合いのトリマーの方たちからアドバイスをいただくというのもとても役に立っています。そのほかに、私にとって、カットしたわんちゃんの写真を撮ってブログにのせるということも大切なお仕事の一つだと思っています。カット、写真、文章、全て上達していけるように、どこがダメなのか、どうしたらよくなっていくのかを考えて、日々成長していけたらと思っています。


仕事をしていて御客様または犬から学ばされた事はありますか?

トリミングをしているとき、飼い主さんは側にはおられませんが、わんちゃんはトリミング中、今日あったことを飼い主さんに全て伝えるのだと思います。お客様がわんちゃんのお迎えに来られたとき「すごく嬉しそうな○○(愛犬の名前)を見て、とても優しく接してくれたんだなぁと分かってとても安心しました。本当にありがとうございます」と言っていただきました。そのときに、わんちゃんは私にとって大切な大切なお客様だということを改めて気づかされました。そして飼い主さんが自分のことのように大切に想っているわんちゃんに対して、これからもわんちゃんとコミュニケーションをとりながらのトリミングを心がけ、一つ一つのことを丁寧に自分ができる精一杯のことをしていこうと思いました。

トリミングをご利用される御客様にここを理解していただきたい、そんなポイントはありますか?

トリミングはわんちゃんにとってかなり体力を使うことですので、得に老犬の子はその分負担も大きいと思います。ですので、もしも持病など、気になることがあれば知らせていただけると、万が一何かあった場合対処しやすいと思うので、遠慮なくいってくださればと思います。また、その日のわんちゃんの体調がすぐれなかったりした場合も、日をずらしてトリミングをすることもできますので、無理をしないようにしていただけたらと思います。


ご自身が思う得意なカット、または得意な作業を教えてください。

プードルのお顔のカット。その子、その子に応じた可愛いを見つけるのが得意だと思います。得意な作業と言えるかどうかは分かりませんが、足裏や爪切り、お腹のバリカンなど、細かい作業を丁寧に行うように心がけています。


トリマーとして技術以外で大切な事はなんだと思われますか?

わんちゃんに対する思いやりがとても大切だと思います。たとえば、爪切りなどを嫌がる子は、どうしたら嫌がらないかその子にあった方法を見つけていくこと、また、わんちゃんの状態を見て、暑そうにパンティングをしていたらドライヤーの温度を下げたり、お水をあげたりするなど、常に気を遣いながらトリミングをすることはとても大切なことだと思います。また、わんちゃんの犬種、年齢、性格によっても対応が変わってくるので、その都度臨機応変な対応を心がけています。


仕事が休みの日はどんなことをしていますか?

気分転換に自然豊かな山や川などに出かけて散策をするのが好きです。日常から離れて、鳥のさえずりや川が流れる音を聞いていると本当に気持ちが落ち着きます。あとは、カフェや雑貨屋さんめぐりです。自分のセンスを磨くために色々なおしゃれなお店の外観やレイアウトを見て、刺激を受けることもあります。


ご自身のアピールポイントを教えてください。

生来、欠点だらけの不出来な人間ですが誰かに指摘されたことをそのまま受けとれる素直さがあると思います。誰かに自分の欠点を指摘されたり、自分でそれに気がついたときには必死でそれを直そう、よくしようと努力します。そのおかげで自分自身、少しは成長できているかなと思います。

店舗のアピールポイントをお聞かせください。

自然豊かな里山にある自宅と併設されたトリミングサロンです。わんちゃんができるだけ安心して過ごせるように、トリミングが終わった後は、お散歩に行ったり、遊んだり、できるだけわんちゃんとコミュニケーションをとる時間を多くとるようにしています。また、カウンセリングの際はお客様のご希望に添えるようにじっくりとお話を伺うようにしています。お店の近くにはおしゃれなカフェや温泉がありますので、トリミングの合間にそちらにも足を伸ばしていただけたらと思います。ぜひ、いつでも遊びに来てください。


これからの夢、目指している事はなんですか?

私のトリミングで、愛犬をより一層可愛いと思ってくれる飼い主さんがたくさん増えてくれることが一番の幸せです。


Salon Info

トリミングハウス・MOMO

石川県小松市長谷町ヤ138-1

TEL 0761-46-1167 OPEN 9:00~18:00

CLOSED 水曜日

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-

Cuun -Luxury Dog Apparel Magazine-が運営する、ドッグファッショニスタスナップや、キーパーソンインタビュー、最新のトリミングスタイルなどを中心にお届けする新情報発信site